約20年ほど前から登場してきた「サイディングの外壁」。それまで主流だった「モルタルの壁」に比べると、軽くて丈夫で見た目も新築のときはきれいです。モルタルと違ってひび割れの心配もないし、ペンキの塗り替えも不要・・・と思っていませんか?これは大きな間違いです。

コーキキングの割れ

家を見てください。サイディングボードとサイディングボードとのつなぎ目には必ず「コーキング材」が注入されています。お家の立地条件にもよりますが、ここで紹介するのは新築後10年目と新築後15年目で塗替えられた時のサイディング外壁のコーキングです。
コーキング
写真はごく一部ですが、これらのようにコーキング材が割れてすき間ができています。雨が降ると多からずとも必ず水が入るでしょう。入った水は外壁と内壁の間の断熱材に使われているグラスウールや木部に吸収され乾かず(外壁と内壁の間には換気機能が無いため)湿気が溜まり、カビ・ダニの住処となってシックハウスの原因にもなり、室内のクロスのハガレや木部の腐りにつながってしまいます。 写真の2枚目・3枚目はコーキングの割れ部分より水が浸入しサイディングボードが水を含み外側に反り返ってしまっている典型的な例です。悲しいかなサイディングボードに使用しているコーキングは永久的に持つものではありません。外壁とコーキングのつなぎ目にすき間ができていたり、コーキング自体にヒビ割れができていたらコーキングの効力がなくなっていると考えるべきです。古いコーキングを取り除いてから新しいコーキングを新たに注入することです。
コーキング割れコーキング割れコーキング割れ

コーキキングの寿命

コーキングの寿命についてですが、一般的に外壁のコーキングは、施工後10年~15年が目安です。それとお家の立地条件(日当たり、風当たりが強く降雨時には必ず壁に雨が強く当たるなど)それにコーキングの上の塗装の有無。外壁がタイル調などのサイディングボードなどは、まず無塗装でしょう。無塗装のコーキングの場合は、10年はもたないといわれています。塗装済みコーキングの場合(新築時コーキング施工後外壁塗装を施した)コーキングの上の塗料、すなわち塗装時に使用した塗料の種類でもちが違うようです。、又コーキングは絶えず伸縮を繰り返しています。その上に伸縮性の無い塗料を塗装しても塗料が割れてしまい結局コーキングが風雨にさらされることになる、そしてヒビ割れた部分にホコリが溜まりブリードしたような黒ずみの原因になります。既に塗装してある塗料だけが割れているのか?コーキング自体が割れているのか?無塗装のコーキングでないと解りずらいと思います。塗装済みのコーキング部分に関しては、実績のある塗装業者、に相談するのがよいでしょう。

サイディングの割れ

写真はごく一部ですが、これらのようにコーキング材が割れてすき間ができています。雨が降ると多からずとも必ず水が入るでしょう。入った水は外壁と内壁の間の断熱材に使われているグラスウールや木部に吸収され乾かず(外壁と内壁の間には換気機能が無いため)湿気が溜まり、カビ・ダニの住処となってシックハウスの原因にもなり、室内のクロスのハガレや木部の腐りにつながってしまいます。 写真の2枚目・3枚目はコーキングの割れ部分より水が浸入しサイディングボードが水を含み外側に反り返ってしまっている典型的な例です。悲しいかなサイディングボードに使用しているコーキングは永久的に持つものではありません。外壁とコーキングのつなぎ目にすき間ができていたり、コーキング自体にヒビ割れができていたらコーキングの効力がなくなっていると考えるべきです。古いコーキングを取り除いてから新しいコーキングを新たに注入することです。
サイディング割れサイディング割れ