アスベスト診断

アスベスト石綿についての知識は、アスベスト問題として大きくニュースで取り上げら、一般の方々もある程度知識をお持ちになっています。でも、実際にアスベストがどこに使われているのか、使われているとして安全な状態かどうかは素人の方が判断するのは難しい面があります。シップペイント藤田は、「アスベスト診断士」の資格を保有しており、作業員も「石綿使用建築物等解体等業務特別教育」を受けておりますので、アスベストの診断から除去まで安心してお任せください。

「石綿使用建築物等解体等業務特別教育」の取得をご希望の方へ

「石綿使用建築物等解体等業務特別教育」は主に石綿(アスベスト)の解体等の作業に関わる作業員を対象に教育をするものですが、一般の方が受講することも可能です。石綿障害について学びたいという方、ご興味のある方、当社堀内が講義を行っております。詳しくは当社までご連絡ください。
アスベスト講義中

アスベストについて

アスベスト、石綿などとも呼ばれ、細長い形状の天然の鉱物繊維で6つの種類があります。建築材料として使用されたのは、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)、クリソタイル(白石綿・温石綿)の3種類。もとをたどれば「石綿」は紀元前にミイラを包む布に使用されていたこともあり、はじめは繊維いの使用が主な用途でした。しかしその後、産業革命を経てからは、石綿の特性を生かして、さまざまな用途に使用され、石綿を使用した製品は数千種類とも言われています。
アスベスト

アスベストの特徴

1.燃えない 2.混ざりやすい 3.引っ張り強い 4.電気を通しにくい 5.摩耗しにくい 6.薬品に強い

このため、空気中に微細な石綿が放出されると消滅することがなく、長時間空気中に浮遊することになってしまうのです。

アスベストの歴史

日本では、昭和30年代後半から平成2年にかけて、年間約35万トンという大量の石綿が主にカナダなどから輸入されました。これらの約8割が建材に使われたと言われています。 建材以外にも摩擦材(自動車のブレーキライニング・ブレーキパッド・クラッチフェーシング・クラッチライニング)や工業用製品(化学プラント・鉄鋼・断熱材・石綿紡織品・ミルボード)にも使用されています。過去にはドライヤーやトースターなどに石綿板が使用されていましたが、いづれも昭和50年から平成元年にかけて、製造中止になっています。
アスベストの使用箇所